*

ジュエリーマナー~冠婚葬祭

洋服と同じように、ジュエリーもその場にふさわしいものとそうでないものとがあり、特に冠婚葬祭の場では常識・マナーを知らないと恥ずかしいですね。これくらい大丈夫だろうと思っても、意外と「え?」と思われてしまうものです。

今回は特に、婚=結婚式や披露宴にお呼ばれした場合、
葬=お通夜やお葬式でのジュエリーマナーを中心にまとめました。

結婚式でのファッションマナー

新郎新婦が主役の事ですから、花嫁を引き立て、派手にならない装いを心掛けるのがマナーです。
「白」や「オフホワイト」は花嫁の色とし、その色のドレスやワンピース等はゲストは着用しないものです。
「黒」は様々な年齢層のゲストに好まれ、着られていますが、
地味すぎるデザインやコーディネートはお祝い事には不向きです。
肌を露出しすぎたり、クロコなど動物の皮を使用した服や小物もタブーです。

マナー自体、時代によって変わっていくもので、
特にジュエリー等アクセサリーに関するマナーは比較的ゆるいとされていますが、幅広い年齢層のゲストが集まるので、皆が不快にならないようなポイントは押さえておきたいです。

ウェディングジュエリー

結婚式のお呼ばれジュエリーマナー

結婚式や披露宴の行われる時間帯が、日中か夜かでもそのマナーが違ってきます。

昼間の結婚式・披露宴の場合

お昼の結婚式では、アクセサリーは控えめにするのがマナーのようです。
一番おススメとされているのが「パール」です。
ダイヤモンド等は、太陽の光の下では輝きすぎてしまうため、
日中のパーティーでは太陽の下で自然に上品に輝くパールがふさわしいとされています。
また、フォーマル感もあり、あらゆる年齢層の方から支持を得られますが、
地味になり過ぎる傾向もあるため、大粒のものを選んだり、重ねづけをしたり、
また、ピアスやリングとセットでの着用やコサージュと合わせたり等の工夫が欲しいところです。
但し、ブラックパールはお葬式のイメージが強いため、避けた方が無難です。
全体の傾向として、ナチュラル・上品というテーマを意識して選んでみましょう。

夜の結婚式・披露宴の場合

お昼のパーティーよりも華やかな装いが好まれるため、光るゴージャスなジュエリーもOKです。
ダイヤモンドなどの輝きの強いジュエリーはより好まれ、
ネックレスとピアスのセット等もより華やかになりおススメです。
色のついた宝石も人気ですが、あくまでも主役よりも目立たない程度のものをチョイスしましょう。
パールとダイヤモンドの重ねづけはフォーマル感も出るので特におススメです。

パール

お葬式でのファッションマナー

黒のフォーマルスーツやワンピースを着用します。
服はもちろんの事、バックや靴の素材も光沢が無いものを選び、金具も避けるようにします。
夏でもできるだけ肌の露出は控えめにします。
また、毛皮や羽、爬虫類等の素材は、殺生を連想させるため、フェイクを含めて着用しないようにしましょう。
ハンカチも思いのほか目立ちますので、白または黒を使用します。

お葬式でのジュエリーマナー

お葬式では、結婚指輪以外は着用しないか、
もし着用するならばパールのものが一般的で、ネックレスやイヤリング・ピアス程度にとどめておきます。
ネックレスを着用するならば、二連や三連のものは不幸が重なるとしてタブーなことですので、
必ず一連のものを選びます。イヤリングやピアスは一粒タイプのものを。

お葬式のジュエリーは全く着用しない方が良いとされる場合もあります。

関連記事

お手入れを忘れがちな耳

耳のお手入れも忘れずに

耳たぶにピアスホールを作ってお気に入りのピアスを着けたらば、 つい自慢したくなってしまうことも。そ

記事を読む

一粒ダイヤピアス大きさの比較

一粒ダイヤモンドピアスの大きさの比較

0.1ctから1.0ctまで、一粒ダイヤモンドピアスの装着写真を並べてみました。 耳たぶの大きさや

記事を読む

ラウンドブリリアントカット

ダイヤモンドの人気の高いカット

ダイヤモンドのその美しい輝きは、カットの仕方により最大限に引き出されます。 原石を生かし、様々な形

記事を読む

鑑別書

鑑別書付一粒ダイヤモンドピアス

当店では鑑別書付をひとつの目安としてご購入いただいているお客様も多数いらっしゃいます。 鑑別書とは

記事を読む

PAGE TOP ↑